2015年3月31日火曜日

堂本光一 ミュージカル 事故のあとどうなった?

 ジャニーズ事務所

「KinKi Kids」の

堂本光一(36)主演のミュージカル

「Endless SHOCK」が






2015年3月31日に東京・帝国劇場で

無事千秋楽を迎えた。



 3月19日の昼公演中に大型可動式の

LEDパネル2枚が倒れて

出演者5名、スタッフ1名が負傷するという

事故があり、同公演とその日の

夜公演が中止になったミュージカルだ。

しかし翌日20日夜公演より再開し、結果

2カ月のロングランを乗り切った堂本光一は、

カーテンコールの際の拍手に笑顔で応えた。


「あってはならない事故があり、僕たちにとっては試練の年だったかもしれません」

とコメントした堂本光一


たしかに事故が起こるというのは、

試練以外の何ものでもないと思う。


大道具の組み付けをするスタッフ達も

慎重に慎重を重ねていることだろう。


事故とは不具合に不具合が重なって初めて

起こるもの。

座長として今回の事故は残念で仕方無かった

ことだと思う。


普段から100%の頑張りを見せてくれている

堂本光一だけに、応援するファン達としても

心が痛む出来事だったが、今後このような事故が一切起こらないことを

祈るだけである。


4月1日続報が入ってきた。

ジャニーズ事務所社長ジャニー喜多川氏が

今回の事件について始めて語った。

 事故の知らせを受けた際

「もう少しで千秋楽で、堂本光一は

長年やってきて、神経を使ってきたのに。

ショックです」と振り返った。

15年間座長を務めてきた堂本光一を

気遣い、事故後初めて光一と会った際には

得意の一発!

「You  大丈夫?」

と声を掛けたそうだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿